後払い可能な引越業者

後払い可能な交渉のできる引越業者を探す

生活保護中の身の人でも、こんなケースがあります
例えば、市役所や区役所の要請で引っ越しを余儀なくされる
引越業者の金額もとうぜん負担してくれるのが普通です
ただし、後払い可能の場合がほとんどです
そういう後払い可能な交渉にのってくれる引越業者さんを探さないといけません

アンサー
通常、市役所や区役所の管轄で引っ越しを福祉請求で行うとき
引越業者と区役所・福祉事務所の間で請求書ベースの支払いをします

そのため、引越代金を引っ越し当日に引越業者へ支払うことはありません

区役所の生活保護課や福祉事務所の担当者名、担当者連絡先
これらを見積もりのとき、引越業者へ伝えます
支払いについての確認をとってもらえばいいのです


引越業者への手付け(前払い)は必要?

引越業者への引越料金支払いは原則的に後払い可能ですね
後払いではなく事前に金銭を要求された場合
その理由についてしっかり確認しましょう

原則的には、前払いではありません
引越料金の支払いは後払い可能が一般的です

後払い可能なのは、ほぼすべての引越業者に共通しいます
見積もりや下見が終わった段階で金銭を要求されることはありません

あったとしても無理に支払う必要はありません

どれだけ簡単な引っ越しであっても費用が発生します
支払う引越料金は、それなりの負担になるということです
後払い可能が基本だ、ということを頭に入れておきましょう


後払い可能ではない特殊なケースもある

引っ越しの状況によっては、後払い可能ではないケースもあります
そのときは事前に引越業者から納得できる情報を求めましょう

そのことを理解して可能なら、お金を支払いましょう

後払い可能でないケースとしては、
・作業日よりも前に荷物の梱包だけを依頼する
・一部の荷物のみを作業日より前に運搬してもらう
これらのケースになります

その他、引越業者によって後払い可能でなくなることも!
口座振込みで先に請求をされる場合があります
しかし、こうした支払い方法を提示されても慌てないでください
「後払い可能であればそうしたい」と伝えればいいのです
悪徳なところでなければ、後払い可能の方法に変えるはずです

後払い可能でも内金や手付金は不要!

引っ越しの予約や見積もりを依頼したとき
内金や手付金として料金の一部を請求されるかもしれません
例え後払い可能であっても払ってはいけません
こういった取引は標準引っ越し約款によって禁止されています

こういった金銭の要求は後払い可能でも断固として拒否しましょう

事前に引越料金を請求された場合は、説明を求めましょう
その内訳などについて明確な理由を説明してもらうのです
これに応えられないような引越業者は利用しないほうがいいでしょう

引越料金の支払いは、後払い可能が基本
前払いのときは、請求書・領収書の発行をしてもらう
手付金などの要求は、拒否しましょう

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。