考えなければならいのは手順と費用


手順を考えておくことは大切ですが、費用についてもしっかり確認しておきましょう。

一般に業者に依頼ですが、どこまでを依頼するかによって請求される金額が違います。

業者に準備してもらうもの、自分で準備するものを明確にすること。

業者に運んでもらうもの、もらわないものを区分けしましょう。





トラブルの多くは、業者と依頼者の考えが違うことが原因


家族構成によりますが、運ぶ荷物の量が違うと費用が違います。

もちろん、移動する先までの距離も関係してきます。

業者が作業員に支払う一人当たりの時間給2,000円、2名で8時間掛かれば32,000円。


その他に段ボールなどの材料代が必要になります。

費用を複数の業者に見積もると比較しやすく、異常に安い場合は逆に警戒が必要です。

アルバイトを雇っている場合、安い賃金で雇っていると作業の質が低下します。



安ければいいというわけではありません。


大切なものは自分で梱包して運ぶことも考えましょう。

壊されても弁償できないものもたくさんあるからです。

気持ちよく新しい生活を始めましょう。




スポンサードリンク
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »