引っ越し祝い

引越し祝いとは?

友人や知人が引越しをした場合には、祝いの品を贈ります。
ただ、家が新築の場合とそうでない場合とでは多少異なります。
さらには、いろいろなケースがあります。
1.個人が住まいを変えること(転居)
2.法人(企業)
3.自営業者
4.自治体などの庁舎
5.会社の本社や本店・支店・店舗・事務所・営業所

これらの場所を変えて移転することを言います。
相手の発展や繁栄を祈って贈るお祝いを引越し祝いと言います。


祝いの品を贈る時期

引越しをした家が新築の場合なら、半月以内に贈ります。
とはいえ、引越してすぐは片付けで忙しいですから、避けたほうがいいですね。
餞別の場合は、その本来の意味合いからは引越し・転居前に送るものです

あとから知らせを受けたのであれば、お付き合いの程度を考えて判断します。
うかがったとき、手土産などで祝福の気持ちをあらわしましょう。



祝いの品の相場

相場は、大体2000円~1万円といわれます。
自分との関係の深さによって、金額が変わる。
親戚・親兄弟の場合は、30,000円~50,000円。
餞別(せんべつ)は、3,000円~5,000円程度。

同僚や上司への引越しの場合は、職場で周りの人とお金を出し合ってお祝いをすることも。


熨斗(のりと)

●表書き・・・[新築祝い] 御新築祝・御新築御祝・祝御新築・御祝い
       [引越し祝い] 御転居御祝・御転居祝い・御祝い
●餞別(せんべつ)・・・「御餞別」「おはなむけ」
●のし・・・あり
●水引・・・蝶結び(5本)
●名前・・・贈り主


祝いの品でタブーなもの

引越し祝いの品で絶対ダメなアイテムは、「火を連想させるもの」
「赤」「キャンドル」「ライター」「お香」「ストーブ」
火にまつわる連想させるプレゼントは避けます。

他にも、観葉植物や置物など、かさばるものは避けましょう。


贈り物の添え文

品物だけを贈るのは少し乱暴ですね。
必ず手紙を添えるようにしましょう。(*´∀`*)
手渡しではなくショップから直接託送する場合、別途として手紙を送ります。

例文
新居への転居おめでとうございます。
自然の豊かな土地に住まわれ、
通勤や買い物にも便利になられたのは、
うらやましい限りです。
本日、ささやかでございますが、
○○さんが好きとおっしゃっていた△△を
お送り申し上げました。
ぜひ、ご賞味くださいませ。
あたらしい生活が落ち着かれましたら、
新居へお訪ねしたいと思っております。
ご家族のますますのご多幸をお祈り申し上げます。




スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|