見積もりをしてもらうために業者に連絡

しっかり手順を考えなければ、高い見積もりをもらうことになります。

業者によって費用に差はありますが、依頼の仕方でも変わるのです。



依頼の仕方について

まず、見積もりをする業者の立場になって考えてみましょう。

どれくらいの作業量があるのか?人数と時間は明確に想定できるのか?

不明な点が多ければ見積もりは高めになります。

予想以上に手間がかかったときを想定していますから当然のことです。





依頼する日にちを確定

どうしても確定できなければ、第1希望、第2希望として提示します。

見積もりは、曜日や祝日によって異なります。

当然ながら、土日は割高となります。

はっきりと日にちが決まっていない場合、高め見積もりとなるのです。



荷造りを業者がやらなければならない場合

シーズンによって業者は、別に何か所も掛け持ちをしています。

一つの場所や依頼は、決められた時間で終わらせることを優先します。

そのため、手間賃がかかるばかりでなく作業が雑になったりする恐れもあります。



丁寧な引っ越しを希望

それなりのお金を払うか、業者さんの余裕のある平日を狙いましょう。

それでも手順を決めていない人、段取りが悪い人には、高い見積もりが出てきます。

つまり、自分が高い見積もりを作らせていることになるのです。




スポンサードリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »