引越し 単身 用意

引っ越しの用意に取り組む姿勢と自分の傾向!?

東京都内の新宿区から台東区へ単身で引越しました
シェアハウスからシェアハウスへ単身の引越しの用意
基本的には一人暮らし単身の物量です

単身での引越しの用意は手軽に済ませたいですね
無料一括サイト一括見積もりで単身の引越し業者を決めました
今回は10社の一括見積もりを行って決めたのです
単身の見積もり直後のメールの数と電話の数が凄かった(笑)

メールを開封する前に電話の対応をすることになる
話を聞くと、単身で4万円超えの金額提示!
電話で確認するだけで金額を出せる特許があるとか言ってました
何も情報を知らなければそのまま決めてしまっていたかもしれません
ただ事前に単身の相場から高いと知っていたのでよかったです

その次に電話がきた引越し業者さんの話を聞くと!
ウォーターサーバーのレンタルとインターネットとスマホ乗り換え
これらの用意がお得にできますとのこと
こんな営業電話がかかってきたのです
全て自分には必要無いものだったのでこちらもお断りしました

あらためてメールを見て確認すると
自動送信っぽい感じで単身の見積もりを送る業者もありました
最初の4万円の半額以下の18000円とか20750円など
そんな中で、次に電話がきた引越し業者の23500円で決めました

メールでの単身の見積もりはどの業者も安く送ってきます
うちはこの金額で当日割り増ししたりする事はありません

そんな言葉を聞いて用意をするのに不安になることもあります
安すぎると逆に単身でも荷物を用意したり任せるのに不安もある
けっきょく電話対応が悪くなさそうだったのが決めてでしたね

引越しは月末になる程高くなる
こんな傾向があるそうです

私は初めて知りました

平日なら安いだろうと思っていたのですが
月末近くというのでそこまで安くしてもらえませんでした
月初になると月末より、いっきに数千円ほど安くなっていたようでした

土日は、もともと基本高い設定ですが
土曜日の方が少し価格が高い傾向があるようです
季節要因の3月4月は高くなるのはわかります
それ以外でも基準があるので、引越しされる方がいたら参考にして下さい



単身の引越し用意が始まる

単身の引越しに向けて荷造り用意を始めたのは約2週間前
段ボールが宅急便で自宅に届いてからでした
この単身の荷造り作業で用意をすること
改めて自分の物事に取り組む姿勢というのを認識しました
実際の単身作業に取り組む引越しの姿勢と同じのを感じます

例えて言うなら、夏休みの宿題を最終日に一気にやるタイプ
こんな人は、けっきょく最終日になっても集中できないこともあります

過去に何度か単身引越しをして経験があっても面倒に感じます
殆ど荷物が用意できないまま当日を迎える自分がいる
何度か友人・知人に手伝って用意してもらって助かった
当日になって用意もどうにかなったというのもあります

なんとか引越し業者が来るときには全て荷物をまとめてしまい
搬出しやすいように出口の近くまで荷物をまとめて用意しておく
引越し業者に手間をかけさせないという用意や配慮もしましょう

引越し料金を安くするってことで時間帯指定無しのプランを選択
引越し業者が来るのが13時~17時のどこか?
それまでに用意をしておく、4時間も幅がありますけど

先延ばしにしてしまう自分の習慣
見直す必要があるなと改めて思いました


単身の荷造り作業や用意を簡単に済ます方法もあります
とにかく持って行くものを気にせず段ボールに詰め込んでしまう
これで単身の引越しの用意が早く終わります

だけど、あれこれ考えてしまうと用意や準備に手が止まる
単身で引越し直前まで使うもので用意するのは?
単身の引越して直ぐ使って用意するのは?
同じ系統のは同じ箱に入れて用意しよう
そんな事を考えると用意する手が止まってしまうんですよね

とりあえず手を動かせって言葉、良く聞くけど耳が痛いです

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。