最初に確認しておかなければならないポイント


まず、電気、水道、ガスなどのライフラインの手続きです。

事前に会社に連絡しておくことが大切です。

可能なら、引っ越し直前に止めてもらいましょう。


電気や水道は連絡だけしておくと、最後の支払いは日割り計算となります。

後から窓口や振り込みでの支払いとなります。



新しく入居する家では、逆の手続きが必要


手続きに日数がかかる場合もありますから、事前に連絡しましょう。

通常は不動産屋さんが手続きの仕方をパンフレットにしています。

その手順通りにすれば、簡単に終わるでしょう。





ごみの処理も重要です


ごみ収集の日が限定されている場合、余裕をもって片付けましょう。

有料で業者に処分してもらうこともできますから、事前に確認しましょう。


新しい土地に行くと、ごみの出し方が違ってきます。

決められた曜日に決められた袋で決められた場所に出さなくてはいけません。

当日もごみが出るはずですから、これも事前に確認することが大切です。



家が変わったとしても、日常生活は続きます


新しい家で生活が始められるように、必要なものを書き出しておきます。

友人や家族が手伝ってくれるなら、昼間に買い物を依頼するといいでしょう。

できれば、夜はゆっくりと眠れるようにしたいものです。




スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |